スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BILIEVE

眠りに着く前までのねねぽからのメールの一部です。
目を瞑るのが怖がっていたねねぽと朝まで良くメールしてました。
ほんの数日前までのメールです。

ねねぽへ・・・


ご両親はどんなに苦しいでしょうか。。
病気で苦しませる為に産んだ訳では無い筈なのに、
誰に苦しさを訴えたら良いのでしょうか。

ねねぽ。うちのママも泣いてるんだろうなあせあせ(飛び散る汗)
って言ってたね。

お母さんに当たった日々もありましたね。
酷い事を言ってしまったと、泣いていましたね。

子供は親にとってかけがえの無い大きな存在なんです。

体調が悪く、思い通りには行かず、辛くて、悲しくて寂しかった筈なのに、
本当は妬みや羨ましさもあったでしょう。それなのに、
みんなに、笑いと幸せと気持ちの強さを沢山教えてくれたのではないでしょうか。。

一番辛い思いをしている筈なのに、嫌な人には最期までならなかったね。
誰にも無い、強さがあったのではないでしょうか。。

ダークな部分を見せたいのに、みんなには見せなかった。
そんな貴女の強さを尊敬しています。

ねねぽ。目を瞑るのを怖がっていたね。
でも、もう怖がらなくていいね。ゆっくり眠りについてるんだね。

寂しくなったら、嫌な事を言いたくなったら、いつでも聞いてあげるね。

みんな、みんな、ねねぽが大好きだよ。
昨夜から寝てないので、ねねぽが訴えてた気持ち
ねねぽが、気になってたKOKIAの曲で作ったよ。

冗談だよ。ごめんね。ってメールの返信いつでもいいからね。

movie

色々映画も観てるけど、心にずーっと残るって云う映画は
この頃出会ってないかなー。
観てるその時は面白かったり、怖かったり、ドキドキしたり
するんだけど(*´・Θ・)(・ω・`*)ネー。

いまいち、これ・・・凄い良かった・・・。
って云うのがなかなか無いな~。_| ̄|○|||||ガク。。

何かお勧めあれば教えて下さいd(゚Θ゚*)ネッ!

で、最近観たのが、「ラッシュアワー3」とか「28週後・・・」とか、
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」「P2」「恋空」とか・・・
まぁ、ほんと色々観てるんだけどねぇ、、

「ラッシュアワー3」は、ジャッキーの映画は全部観てるから、
まぁまぁ、お勧めかな!

ストーリーは・・・

ジャッキー・チェン&クリス・タッカーの異色刑事コンビが、
過激なアクションとマシンガン・トークで大暴れする大ヒットシリーズ第3弾。
花の都パリを舞台に、中国マフィアと壮絶な死闘を繰り広げる。
2人の脇を固めるのは、スウェーデンの名優マックス・フォン・シドー、
ロマン・ポランスキー監督など多彩な顔ぶれがそろった。
今や国際的に活躍する真田広之が最強の悪役を演じ、
エッフェル塔でのジャッキーVS真田のアクション対決は必見。

まぁ、こんな感じなんだけど、クリスとのやり取りは笑えるんだけど、
真田がやっぱりいまいち。。(_ _。)・・・

で、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」はね、
ミュージカルなんだけど、ストーリーとジョニーデップのコメディっぽい
ちぐはぐ感がちょっと新しい感じはしたんだけど、
ぇぇwって、そんな感じの映画でした。

ストーリーは、こんな感じ。
ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化
。監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン。
彼と6度目のコラボレートとなるジョニー・デップが、
これまでにも映画や舞台で数多く取り上げられてきた
伝説の殺人鬼スウィーニー・トッドを演じる。
共演はティム・バートン夫人でもあるヘレナ・ボナム=カーター。
本格的な歌声を初披露するジョニーのミュージカルスターぶりに注目!

でね、チャーリーとチョコレート工場のティム・バートン監督の映画は
作品がどれもこれも似てる感じかなー。ストーリー的には、様々なんだけど、
色が似てるというかなんというか、、

まーこの頃の感想でした!

お勧め教えて下さい~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。