スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチ・カーター




バスケダイスキだった!
もちろん、学生時代バスケ部だったw
チビスケだけど、一応キャプテンってやつだったなぁ。

という事で、このSTORYはね、
リッチモンド高校バスケットボール部のコーチになった
ケン・カーター(サミュエル・L・ジャクソン)は、
部員と父兄に3つの契約を突きつける。

「ルール1:決められた点数以上の学業成績を収めること。
ルール2:授業にはすべて出席し、一番前の席に座ること。
ルール3:試合の日には上着とネクタイを着用すること」。

やがてチームの成績は好転するが、
部員たちの学業が契約条件に達しないことを知ったカーターが
思考錯誤で、進んで行くSTORY。

高校バスケ部のコーチに就任しながら、
彼は勝利至上主義には陥らず、大学進学や就職といった
もっと長期的なスタンスで部員たちの人生を考える。

学生スポーツを語る時、私たちはともすれば「一瞬の輝き」という
美辞麗句に溺れがちだが、本当にそれでいいのだろうかと問いかける。

ちなみに、この映画をみて今の自分を考える事や、
もっと頑張ろうかな!って云う気持ちになる人が身近に居ますねw

バスケの試合のシーンは力が入るものがありますよw

スポンサーサイト
<<0:34! | ホーム | エターナル・サンシャイン>>


name
title
mail
url

[     ]


トラックバックURL
http://one.blog2.fc2.com/tb.php/25-10429641
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。